表紙七福神霊場なごや七福神 恵比寿 笠覆寺

名古屋市南区笠寺町上新町83 【052-821-1367】
天林山 笠覆寺【りゅうふくじ】
笠寺観音【かさでらかんのん】
【真言宗智山派】【十一面観世音菩薩】
【なごや七福神】【名古屋大師16番】【東海不動15番】【大名古屋十二支巳
尾張観音3番】【尾張四観音】【東海圏新西国24番】【尾張西国15番】
【名古屋四国43番】【尾張四国1番】

本堂


山門

▲西門

▲「尾張四観音之一」

弘法大師
▲本堂の東側に「弘法大師」「えびす」「不動」と並ぶ

観音

▲薬師堂

▲六地蔵

▲延命地蔵堂

▲境内風景

手水
▲手水所の大きさでは市内一だと地元の方に教えてもらう






▲白龍池と弁財天

▲鐘楼

▲笠寺善光寺堂

▲「宮本武蔵之碑」

▲「玉照姫」堂

▲本堂前に「名古屋十名所之一」

御朱印
「尾張観音」「尾張四観音」「名古屋大師」「なごや七福神」「東海不動」と
多くの札所になっていますが、納経自体は「本尊」と「七福神」「不動尊」の
三種類になります。納経の際には、ご注意ください

御詠歌
自らは 濡れつつ吾に おほいする あまのはやしに笠はくちせじ




駐車場
駐車場は西門横より入る【閉門時間が4時なので気を付けます】


■開基
 呼続の浜辺に流れ着いた霊木が夜な夜な不思議な光を放ち、人々は
 それを見て恐れをなした。近くに住んでいた僧・善光上人は夢のお告げ
 を受け、その霊木を彫って十一面観世音菩薩の像を作った
 上人は寺を建て、そこに観音像をおさめ、その名を「天林山小松寺」と
 名付けた。天平八年(736)のことである。

■玉照姫と観音様
 その後、約二百年の歳月が流れ、
 小松寺は荒廃、お堂は崩壊し、
 観音様は風雨にさらされるように
 なってしまった

 ここに一人の美しい娘がいた。
 彼女は鳴海長者・太郎成高の家
 に仕えており、その器量を妬まれ
 てか、雨の日も風の日も

 ひどくこき使われる日々を送っていた。
 ある雨の日、ずぶ濡れになっていた観音様の姿を見た彼女は、気の毒
 に感じ、自分がかぶっていた笠をはずして、その観音様にかぶせたの
 であった。

 その縁か後日、関白・藤原基経公の息子、中将・藤原兼平公が下向の
 おり、長者の家に泊まった際にその娘をみそめ、自分の妻として迎え
 ようと決心した。
 兼平公の妻となった娘は、それから「玉照姫」と呼ばれることとなった。

 この観音様の縁によって結ばれた玉照姫・兼平公ご夫妻は、延長八年
 (930)、この地に大いなる寺を建て、姫が笠をかぶせた観音様を安置
 した。このとき寺号も小松寺から「笠覆寺」に改めた。
 これが「笠寺観音」「笠寺」の名の由来である    −案内板より

■天平八年(736)奈良時代
■公式サイト【http://kasadera.jp/】


笠覆寺

宝珠院

福生院

弁天寺

萬福院

興正寺

宝生院
Copyright(C) 愛知札所巡りAll Rights Reserved