愛知札所巡り

名古屋市守山区竜泉寺1-902 【052-794-3647】
松洞山 龍泉寺【りゅうせんじ】
【龍泉寺観音】【竜泉寺】
【天台宗】【馬頭観世音菩薩】
【尾張観音25番】【尾張四観音】【東海圏新西国25番】【尾張西国11番】
【愛知四国75番】

本堂



山門


弘法大師

▲下の大型駐車場からオレンジ色の歩道橋を上がると弘法さんは
わからりません。道路を歩いて上ると右側にお堂があります。
右下写真は日泰寺八十八ヶ所に似ているお堂ですが、数がない…。

鐘楼


手水

▲竜泉寺と泉の文字が入るだけに水量が豊富なのかな

重塔


風景

▲「龍泉寺」と大きな石碑には書いてあるのですが、
住所から近隣施設の名称で使われるのは「竜泉寺」です。

御詠歌
みな人は この山かげを たのめただ 龍の泉のあらんかぎりは




駐車場
竜泉寺街道から入った場所に大型駐車場、自家用車用は山門前にもあります


■延歴年間(782)奈良時代

■公式サイト【http://www.ryusenji.com/】

■弘法大師伝説
 弘法大師が神宮寺で本地経を百ヶ日修している時、
 毎日一人の童子が来りて樒と閼伽水を持ってきた。大師が童子の帰るのを
 見送ると、この山の麓の多羅々ヶ池に入ったので、大師は竜神であることを
 悟り、それよりこの山に十度参詣した。
 今でも夏の百度参り、四月五日と七月六日この山に詣るのは、
 大師の遺例によるという。
 この山は弘法大師を開基としている。

 「宝暦5年に記された古文書「龍泉寺記」には、
 「その昔、伝教大師が熱田神宮に参篭中、龍神の御告げを受け、
 龍の住む多々羅池のほとりでお経を唱えると、龍が天に昇ると同時に
 馬頭観音が出現したので、これを本尊として祀った」という内容が
 記述されています。
 そのため、龍泉の名前もこの話に由来するといわれています。
 一方では、弘法大師空海も同じように、熱田神宮参篭中のおり、
 熱田の八剣のうち三剣をこの龍泉寺に埋納しており、
 龍泉寺は熱田の奥の院といわれてきました。
 このため、この寺は伝教・弘法大師の開基ともされています。」

■弘法大師伝説
 「阿字」寺伝によると、弘法大師筆とされています。

■弘法大師伝説
 弘法大師お手植えの榊がある。

Copyright(C) 愛知札所巡りAll Rights Reserved