表紙弘法霊場海東西新四国八十八ヶ所 > 霊場覚え書き

 海東西新四国八十八ヶ所

■資料案内

 「「海部津島の郷土の歴史を考える会」が発行された「アマツシマの
 アルキカタ」を資料とした。
 「原典も明治19年刊行の案内帳をベースにしている。」

 この霊場を巡拝すると、往時の海東郡をくまなく散策する古寺巡礼する
 ことが出来る。

 有名な知多八十八ケ所霊場が開山されてより約80年遅れて開山
 されたと言う。
 今では この霊場の存在をを知る人は皆無だろう。

 開山当時の版木の協力者も存命の方が無く、詳しい事情は、
 全く分かりませんが 故人の行脚された足跡を尋ねるのも古に接する
 良き機会と思います。門前の石柱に刻まれた札所番号案内を
 目にすると、異常に懐かしく往時の巡礼者にお会いしたような気に
 な.ります。
 地元のクローバーTVでも、津島の町の歩き方と題して放送されて
 います」

         −大鹿哲穏 の ホームページより

■資料解説

 知多四国の開山が文化六年(1809)と言われているので、
 その約80年後ということは、1900年頃と考えると
 明治末期(明治:1868〜1912)かと思われる。
 ここでは1900年の明治三三年に開創したとすると、今から100年強の
 歴史があることになる。

 しかし、不思議に思うことは「たかだか100年」と考えるべきか
 どうかは別として、廃寺が7ヶ寺、さっとわからない不明寺が20ヶ寺は
 いささか多いのではと感じる。

 廃寺は別として、不明の20ヶ寺は探していけば、もう少し判明すると
 思うので調べてみたいと思う。



Copyright(C) aruku88.net. All Rights Reserved