表紙弘法霊場弘法さん縁日と遍照院 > 弘法さんの味

 弘法さんに行こう

 ■弘法さんの味

■大あんまき
 「知立名物」と聞いて思い出す
 のが「大あんまき」
 超有名店は「藤田屋」で知立駅
 から弘法さんまでの間に5店舗
 ほど並んでいます。
 更に地元の店や出店まで出て
 いますから、弘法土産にし最適な
 一品だと思います。

■大あんまきとは…
 右側が生地を焼いていて、左側
 で、半粒餡を乗せて巻きます。
 名前の通りで、餡を巻いて大きい
 から大あんまきでしょう。
 味は想像できる味ですが、この
 ボリュームが、いいって感じで
 しょう。

■うなぎ
 養鰻(ようまん)日本一が愛知県
 一色町で、同じ三河地方になり
 ます。
 だからか、ご馳走外食の定番
 うなぎ屋さんが多いのも
 この地方の特徴なんです。

■鮒味噌(ふなみそ)
 豆味噌パワー全開
 鮒味噌は絶対に豆味噌でしか
 作れないのです。
 骨まで柔らかくするほど煮込み
 ますから、これだけ長時間煮
 込んで、負けない味噌はないの
 です。
 今では珍味の部類になるくらい
 売っている店も減りました。
 鮒が少なくなったからかも…。

■揚げたて、出来立て
 縁日やお祭りの定番なんでしょう。
 「奥にも席がありますから」と
 店員さんに誘われるままに
 入っていく人もいれば、店頭で
 揚げたてを立って食べている人
 もいます。

■味噌カツのルーツ
 ホルモン(豚肉の小腸)を豆味噌
 で煮込んだ物を「どて」と言います
 この肉系のスープに揚げた串カツ
 を入れると「味噌カツ」になります。
 かの矢場とんのお店にもルーツ
 が書いてありましたが、
 この様な縁日に体験できると
 思います。
 やっぱり基本は「かける」ではなく
 「漬ける」なんだと感じます。

■お爺ちゃんは一杯ひっかけて…

 今日は弘法さんに行くよと
 お婆ちゃんに連れられた
 お爺ちゃんは、これが楽しみな
 んだよなぁって会話が
 聞こえてきました。
 ■感想

 ■季節の味
 春はところてん、夏はかき氷、冬は味噌おでんと出店の味も季節に応じ
 変化していきます。

 フーテンの寅さんじゃないけど、全国を回るような店主では愛知で商売に
 ならないでしょうと思います。
 あっ、食べ物系の話です。
 味の感覚って言いましょうか?
 私自身でも思いますが、やっぱり愛知の味、名古屋の味って
 独特な物が多いと感じます。
 特に「三河地方」は豆味噌の最強「八丁味噌の地」ですし、「みりん」も本場の
 地方ですからね。


Copyright(C) aruku88.net. All Rights Reserved