表紙巡礼のすすめ > 遍路・巡拝




 遍路・巡拝

■お寺まで
 ほとんどが歩き遍路の話になりますが、菅笠は凡字を前にしてかぶり
 一度かぶったら、ほとんど取る必要はありません。
 帽子とは違いますから、お寺の中でもかぶったまま礼拝します。

 金剛杖は右手に持ち、左手には念珠を持ちます。
 トイレに行きたくなったら、輪袈裟を外し山谷袋にしまいます。
 必要な物はほとんど山谷袋に入れますし、まだ荷物がある場合は
 リュックなどに入れ背中に背負います。

■お寺に着いたら
 1.お寺を訪ねるのは人の家を訪ねるのと同じ
   まず、山門の前で一礼して入ります。

 2.水場に行き、柄杓(ひしゃく)で水を取り、右手、左手と片方ずつに
   水をかけ手を清めます。そして、柄杓から手に水を取り口を
   すすぎます。決して柄杓に口をつけてはいけないし、右手・左手の
   話はどちらからでもいい
   目的は身を清めることであって、水場の水が怪しいなと思ったら
   省略した方がいいと思います。

 3.鐘楼
   お参りに来ましたと挨拶で突くのはよく、帰りに突くと「戻り鐘」と
   呼び縁起が悪いとされています。
   でも、現実的にはお寺の鐘は時報の役目を果たす所もあるし
   近所迷惑になる恐れもありますから、ほとんど突きません
   突いてもいいですと書かれているお寺なら、最初に突かせて
   もらいます。

 4.本堂
   本堂の納札箱に納め札を入れ、ローソク立てに灯明(ローソク
   立てがない場合があり、その場合は灯明は省略します。むやみ
   やたらに立てたらいけないし、火事の心配にならない様にします)、
   灯明したローソクから、お線香3本に火をつけます。
   手を振るようにしてお線香の炎は消します。お線香立てに立て
   ますし、ない場合はお線香に火をつけずにそなえてきます。

   次にお賽銭を納めて(納めるのがポイントで投銭する方がいます
   が、私の目にはとても見苦しく思えます大切な浄財だと思って
   いるからです)合掌し読経します。
   経本は覚えてしまっても手に持つ物とされています。

 5.大師堂
   本堂に続き、大師堂でも同じ事を繰り返します。
   そして、一礼したら納経所に行きます。


 

 愛知霊場の特徴ですが、弘法関係の場合本堂には一礼する
 くらいです。本堂には行かず直接大師堂に行き納め札・灯明・ 
 お線香・読経を行って納経所に行きます。

 観音関係の場合は本尊に観音様が多いので本堂だけお参り
 し、納経所に行く方が多いと思います。



 6.納経所
   シーズン(春と秋)とオフシーズンでは対応が変わってきますし、
   霊場によってもずいぶんと変わってきます。
   知多四国は比較的オールシーズン納経をしてもらえる確率が高く
   たまに留守の寺では自分で朱印をします。
   このあたりの表現が難しく、1霊場にお寺が多いので「中には」とか
   「小さなお寺では」自分で朱印もあります。
   朱印が置いてない場合は、自宅のチャイムをひたすら押すことも
   あります。(チャイムは1回だけですけど…)

   納経帳もほとんど印刷なので、朱印を押してくるだけなんです。
   どこも1ヶ寺100円が多いと思います。

 7.山門を出たら、すぐ振り返り一礼して後にします。


■納経時間
 各霊場によって事情が違いますが、一例を考えると
 「知多四国」の場合、3月から9月までは朝6時より夕方6時までに
 なり、10月から2月までは朝7時から夕方5時までになります。

 名古屋市内を巡る「名古屋二十一大師」などでは夕方4時までに
 なっています。


■日数
 愛知霊場の場合、車で回ることを基本に考えられているので
 基本的に慣れてくると2日かそれ以下で回ってしまいます。
 知多四国も2日、直伝弘法も2日、知多西国も2日、南知多観音は
 1日、名古屋二十一大師も1日といった感じです。
 初めてであれば半日から1日プラスするとゆっくり回れると思います。
 とにかく寺間の距離がないと思いますから、道を知っていないと
 次に行くのがつらいです。
 おおよその話ですが、次のお寺までは5分から10分程度といった
 感じになります。

 自転車で回ると1.5倍から2倍くらいの日数で、歩くと3倍から4倍ほど
 日数にして1週間から8日ほどと考えればいいと思います。
 ただ、歩きでも自転車でも宿の確保がうまくいかない場面があります。
 そのような場合は交通機関を使って宿に入り、また戻る方法を駆使して
 遍路・巡礼を続ければいいと思います。

Copyright(C) aruku88.net. All Rights Reserved