愛知札所巡り表紙 【東海市荒尾町仏供田45】【052-603-0160】
大悲山 観音寺【かんのんじ】
【荒尾観音】【かけ観音】
【真言宗智山派】【本尊/木像聖観世音菩薩立像】
【知多四国86番】【知多西国24番】【尾張観音11番】
【東海百観音11番】【知多百観音97番】

【 本 堂 】本尊聖観世音菩薩 薬師如来 弘法大師
▲左から「弘法大師」「本尊聖観世音菩薩」「薬師如来」

【 山 門 】

【 客 殿 】本尊大日如来 左側納経所

【 お地蔵さん 】

【 手 水 】 右側「水かけ不動尊」

【 奥之院 】 本尊虚空蔵菩薩  清水弘法大師

▲奥之院

▲本尊虚空蔵菩薩

▲清水弘法

▲弘法井戸

清水弘法
夏の或る日、寺の石段下に疲れ果てた旅の僧がいた。
下へ水を汲みに行って帰った寺の衆が「丁度これに水が有る、
この水を飲んで元気を付けて石段の上のお寺で休んでいかっしゃい」と
声をかけた。

喜んだ旅の僧は水を飲み寺で休んでいった。
「ここは水の便の悪い所で、ちょっと日照りが続くと下まで汲みに
行くのです。」など話したあと旅の僧はいとまごいをしながら
境内を歩き回って、手に持った杖をかざして「エイッ」と大地に突き立てた。

不思議な事にその跡からコンコンと水が湧き出してきた。
この湧き水を寺では「清水弘法」と名付け、石材で井桁を組み
大切にした。
それから年月を経て清水の湧き出るところに井戸を掘ったら、
金色に輝く弘法大師の霊像が現れた。
さっそく井戸のそばへ御堂を建てその像を祀りました。

【 風 景 】

【 御詠歌 】
【のちのよに こころをかけて かんのんじ
                       このよのはては とにもかくにも】
【いっしんに ねがひを加家の かんおんじ
                      みちびきたまへ このよののちのよ】

【 略 図 】

【 駐車場 】
境内駐車

【 おぼえがき 】
【文永三年(1266)鎌倉】
【名古屋市中区宝生院末寺】
【境内/客殿/本尊大日如来坐像】
【知多郡荒尾村仏供田】【知多郡加家村/上野町】【加家】
【荒尾町/あらおまち】

Copyright(C)  愛知札所巡り All Rights Reserved