愛知札所巡り表紙 【南知多町大井真向38】
宝珠山 医王寺【いおうじ】
【寶珠山】【醫王寺】
【真言宗豊山派】【本尊/薬師如来/秘仏】
【知多四国30番】【島崎大師9番】【南知多観音10番】【知多十二薬師】

【 本 堂 】


「南知多観音第十番 千手観世音菩薩」

【 山 門 】


「新四國 第三十番札所 医王寺」

【 弘法堂 】

【 西国観音 】

【 護摩窟 】
▲本堂裏にある「護摩窟」
「弘法大師は船で三河から知多半島の南知多町聖崎へ上陸後、
ここ医王寺と岩屋寺で護摩行を行われ、野間から北上」されたと
伝えられています。仏山から移される

【 鐘 楼 】

【 手 水 】

【 風 景 】

【 仮 堂 】

【 御詠歌 】
【おおいがた くぜのふねに さおさして
                        わたるもうれし のりのいおうじ】

【 略 図 】

【 おぼえがき 】
■神亀二年(725)奈良時代創建
 【遺跡/弘法大師護摩窟/弘仁五年】
■【御祭祀/千手観世音菩薩】

■宝珠山医王寺 弘法大師が再興にかかわり、当時は十二坊あったが
 現在は四ヶ寺になる。一山七坊(大井に四坊)/師崎遍照寺
 医王寺の塔頭四ヶ寺で医王寺を管理する。

■医王寺の建つ山付近から裏山付近を当時は「仏山(ほとけやま)」と
 呼んでいた。

■昔話…盗賊を退治した薬師如来さん
むかし、師崎の医王寺に、大勢の盗賊が寺の宝物を盗み出そうと
しました。
その時、突然、一人のお坊さんが盗賊どもの前に立ちはだかり、
大音声で叫びました。
「もったいなくも恐れ多くも、仏の館を荒らすふとどき者ども、
このわたしが、相手つかまろう。」
そして、大勢の盗賊どもをばったばったとなぎ倒し、一人も本堂の中へ
入れない大働きをしました。
これには、さすがの盗賊どもも恐れをなしてついに、何もとらずに
逃げ出したということです。
このときのお坊さんは、実は薬師如来さんが姿を変えたもので、その時、
腕に刀傷を受けられ、今でも傷あとが残っているということです。

【神亀二年(725)奈良】【建暦二年再建】【行基開創】
【塔頭/建暦二年12坊→一山七坊(大井に四坊)/師崎遍照寺/篠島医徳院/日間賀大光院】【遺跡/弘法大師護摩窟/弘仁五年】【境内/薬師堂】
【知多郡大井村】【知多郡南知多町】【大井】【大井/おおい】

Copyright(C)  愛知札所巡り All Rights Reserved