愛知札所巡り表紙 【知多郡南知多町大井聖崎】
聖崎 上陸大師【じょうりくだいし】
【弘法大師】

【 上陸大師 】

【 アクセス 】

【 略 図 】


【 駐車場 】
駐車場

【 おぼえがき 】
■由緒
  「弘法大師が諸国行脚の途中、三河から船で知多半島を南下、
  南知多町大井聖崎に上陸され、医王寺と岩屋寺で護摩修法された後、
  野間から陸路北上されて伊勢路に向かわれたという」話が伝わります。

  聖崎には上陸の第一歩をしるされたと思われる大石が立ち、
  村人たちが礼拝を続けていたが、波に削られいつしか海中に没した。

  昭和59(1984)年、弘法大師1150年御遠忌を迎え、
  霊場会をはじめ地元信者・巡拝者各位の御協力によって、
  岬の小島に大師の石像が建立され
  毎年「上陸大師奉賛会」による法要が厳修されている。

                          知多四国霊場会より
■お身ぬぐい
 毎年3〜4月 
 詳しくは「上陸大師の「お身ぬぐい清掃」知多四国霊場会青年部」
 誰でも参加できます。

■上陸大師納経
 知多四国33番北室院で納経してもらえます

【双子岩】【上陸大師奉賛会】
【昭和五九年(1984)建立】
【知多郡大井村】【知多郡南知多町】【大井】【大井/おおい】

Copyright(C)  愛知札所巡り All Rights Reserved